うしのにく

久しぶりにコバワー。
いろいろと会社の仕事は無駄に忙しくまた身体が休まらないので
もはや俳人的精神状態になりつつ歌い上げるマギィです。
あのよろし。


さて、最近ことあることに仕事が終わると夜中なので外食をする機会が多いです。
まぁやぱり一般的な食事時間とずれるとなると、ファーストフードなり
ラーメンなり牛丼なりとなるわけですが。

そんななか、毎度ながらの某国の農務長官がステキな発言ですねえ。

==============================================================
アメリカのジョハンズ農務長官は27日、BSE対策のために牛の全頭検査を行う必要はない、との考えを改めて示しました。
アメリカでは先週、中堅食肉業者が、民間の自主的な全頭検査を認めるようアメリカ農務省を裁判所に提訴しましたが、
ジョハンズ長官は、「裁判が終われば、全頭検査は科学的に不要だと言う事がはっきりするだろう」と強調しました。
その上で、アメリカのBSE検査は「食の安全」を確保するためのものではない、との考えを改めて示しました。(抜粋)
==============================================================

正直なところ、何が言いたいのかわかんねえよこの連中。
基本的に論点がズレまくってるんだよね。

まず、商売人として基本的に失格。
政策ならまだしも、お前ら他人に商品を「買っていただく」とか考えてないのかなぁ、と。
それとも・・・そういう概念がないのかとも思ってしまうんですよね。
買い手が今回求めているのは「安全」を「検査」することによって「安心」を得るのを
求めているのであって、科学的かどうかなんていう意見は関係ないでしょ。

一回信頼が失墜したものを取り戻すというのは非常に難しいのに
更にその上にズレた論述をかぶせてどうするんでしょうね。

輸入再開しても、そこらへんがどうなるんでしょう。
確かに、各種加工食品に紛れ込む、というのは否定できないですねえ。

だけどね。

そこまで落ちたら、おわりだぜ。




閑話休題。



いろいろと問題があり、裏世界が妙な雰囲気です。
まぁ、互いがもう少し譲りあうとか考えればいいんですけど
一回某掲示板とかにやらかす不届き者が出てしまうともう無理ですわな。

まぁ今日は相変わらずのガス抜き論争でした。

既に意見が決まってる私にとっちゃ、聞いてるだけで欝だ氏のうなので
ずーっと数時間流していましたけどね。

まぁ、新人さんいれるのはいいけど、その後でこんなのを見せたら
AFがどうだこうだいう前に、ふいんき(変換不能)がイヤだと辞められるかな、と。

お互いお互い、初心を取り戻してもっかいいこうz
[PR]
by neko-laina | 2006-04-02 23:25 | Diary
<< りあるらっく 消滅? りんばすにいこう >>