ごぶさた その2

さて、マゲィは最近よく冒険をしてもらっているのですが・・・


ネコは食っちゃ寝食っちゃ寝。



このネコ、最近は金策とヘルパーとビシージしかしていません。
だって出かけるの面倒だもん。

そんな中、友人から突発BCの誘いが。
どうやら神BCにいこうにも人手不足(本当か?)らしく、来てくれとの。

まぁ印章もナンボか手持ちがありますし、どうせダラダラしていても意味がないので
限界がきたら速攻で寝るからな、と脅しつつも参加しました。

結果、7回ほどやりまして

ハズレが多すぎでした。
本気でみんなが静かになっていくまずい空気を感じますよ。
仲間内で来ているなら、冗談の一つもかまして明るくするのですが、
どうもフレが集めたメンバー・・・半分野良っぽく・・・怖いよママン・・・ヽ(;´Д`)ノ

まぁ、そんな中


ごめん

一人だけ当たり引きました

正直、今までノリノリで来たときには一回も自分にドロップしなかった劇毒が、
何故かこのテンション低すぎの時に限って一発ドロップ。

正直裏でどうしようこうしようと模索しつつ、当初の予定通り、売り払ってからシーフ用に
よこちちスコハネでも買おうかと。


と、LSにぽつんともらしたら、何と骨職人なネコ先生出現。
『割れないけど、HQ期待しないでね』という一言で、合成を快諾していただきました。

というわけで、サブのサポをつけたいとのことで、サンドのギルドに集合です。


『銘入れする?』という職人の一言に、正直どっちでも・・・とか思いつつも
どうせなら、との事で銘入れしてもらいました。

そして、いよいよ合成開始。


その瞬間


『あ、闇曜日だ・・・・まぁいっか』

えええ・・・なんですかそのすごく意味深な怖い発言!
正直ぶち壊れるかと覚悟しました。


が。






デキチャッタ。


正直、職人さん自身が予想外だったみたいです。
でも、お蔭様で予想以上のイイモノを頂けたので、大満足。


よこちt

マゲィもどこかで喜んでもぐりこもうとしているでしょう。
[PR]
by neko-laina | 2006-07-15 23:26 | Diary
<< あーてぃふぁくとを 求めて・・・ ごぶさた >>