この物語は一部フィクションです。

今日の午前10時頃、サンドリア王国所属のマゲィ氏(墨65)宅にて、ドリンク爆弾によるテロが発生しました。

現場に駆けつけた救助隊によりマゲィ氏は奇跡的に無傷で救出されましたが、相当錯乱しており

「ぷっくり膨らんだアイツがもっこりしたんだ~!」

などと意味不明の発言を続けている様子です。
現場検証を行ったジュノ警備隊によると、購入したドリンクの中に爆発物が仕込まれていたようで
内部の液体が移動中の振動で混濁する事により爆発したと見られています。

なお、これに際し、バス麦茶連盟から犯行声明が当局に送られており、それによると
「夏が終わったからといってミルクにスイッチは許すまじき事態である」
とのことです。

警備隊はマゲィ氏のの回復を待ち、余罪を追及する方向です。


ヴァナディール通信・ジュノ支局



なおここまではフィクションである。



というかですね。


さっき

一仕事終えて買い物いっていちごミルク買ったらデスね。


帰り道で爆発した。



どうも車に乗った後から妙にあの甘い香りが漂うと思ったら
走行中に

パーン

とか音がして

車の中がピンクのアイツに汚染されました。

幸い漏れの車じゃなかったのでさっとMopmop雑巾で拭いときましたがね。



原因を探った所、どうやらパックの構造がもろいので、
気圧に負けてあけくちから噴き出したようなのですわ。

まぁこんなの販売店には責任がないですけれど、一応連絡したら取り替えてくれるというので
引き返して交換してもらいましたが・・・やっぱり何かパンパンに膨らんでます。

ビバ山之上。



いいかい良い子のみんな!

標高が1ケタの所から一気に4ケタにお菓子の袋を持ち上げると




( ゜Д゜)割れるぞ。
[PR]
by neko-laina | 2007-10-04 10:36 | Diary
<< 下手な怪談より。 VerUPも終わって一息ついて・・・ >>