アルタナを前に。 その2

取り敢えず続き その2 です。




■戦士
戦士はいつも悩むのですが、敵のターゲットを取った場合に旨味が出るようなアビリティを考えています。
具体的には、敵から殴られた際に殴り返すような。
カウンターとは違って、ダメージは食らうけれども、反撃してTPも貯まるようなイメージです。
戦士だけの話ではありませんが、盾ジョブを新たに作るのではなく、レベル上げでは他のジョブとの協力でまわせるようなPTを作れるようになれれば良いのかなと考えています。


【えーっと・・・】
それをカウンターというのですが。
というか、上のその機能モンクにつけてやれよ。

どうやらAF1にしろAF2にしろ、意地でも戦士を盾にさせたいみたいですね。
もう一回、何故ナ盾が激減したのか考えろと。

・・・ダメ喰らわないのがイイ という風になったからでしょが・・・




■モンク
モンクは通常攻撃で削るジョブというコンセプトのまま変わりません。
蹴撃を絡めたアビリティを作ろうと思っていますが、単純に蹴撃の確率をアップしてしまうと単純に強くなるだけなので、WSで帳尻をあわすか、攻撃間隔を少し伸ばして調整するかを考えています。多分後者でやると思います。手数を少なくして一撃を強くするスタンスみたいなイメージでしょうか。


・・・つまり大して変わらないわけでつね。




■白魔道士 ※11/20のバージョンアップで導入されます
白魔道士にはアルタナの神兵のバージョンアップによって、光属性の睡眠魔法「リポーズ」が入ります。
パーティを危機から救うという意味で白魔道士にも睡眠魔法を加えました。サポ学者も有効ですので、ナイズルのようなところでも立ち回りやすくなると思います。
落ち着いたところで、またテレポを追加できればと思っています。


これは何か楽しそうな感じがしますね。
今までララしかなかった光属性睡眠が増えるのは、スリがNGなケースで厳しかったわけですし。
後、テレポは・・・テレポオンドゥラギッタンディスカー?
ただ、この魔法がハイレベルで習得になるようでは、余り面白みがないのかも。
スリ1がサポでいけるなら、それに近いところのLvでもいいんじゃないかなぁ。




■黒魔道士
最近レベル上げでも前衛が連携をすることが少なくなっていて、MBする機会が減ってしまっていますね。申し訳ありません。連携がレジられにくくすることで、また連携をする機会が増えるとは思いますので、まずそこに手を入れようかと思っています。
新魔法に関しては幾つか検討していることがありますが、とりあえず移動系の魔法をまた足そうかなと思っています。


ごめん。
何がしたいのかわからないんだ・・・

ぶっちゃけ勘違いも甚だしい。
連携の頻度云々じゃなくて、TP100即打ちの風習が低レベルまで広まってしまったから
今更連携する場合でもなくなってるんですけどね。
オマケに各種ロールなりサポ忍なりばかりで、正直マゲィあげててパーティでの黒の存在意義ないですし。

っていうかさ?
連携のレジ減らして喜ぶのは、黒じゃなくて前衛だぞ。

・・・移動系の魔法・・・今更何を・・・




■赤魔道士
赤魔道士に関しては、不遇といわれた時代が遠い昔に感じるほど、人気のあるジョブになりました。
ただ、せっかく剣がつかえるので前にいって攻撃する機会が増えるような魔法を追加しようかと思っています。


まぁ、妥当な線でしょう。
ただこの追加するものの調整がおかしくて、下手に前衛を喰うことのないように願うのみ。




■シーフ ※11/20のバージョンアップで導入されます
シーフにはアルタナの神兵のバージョンアップによって、新アビリティ「アカンプリス」が追加されます。
このアビリティは、対象としたPTメンバーの敵対心の半分をぬすんで、自身の敵対心とするアビリティです。
敵対心をとりすぎてしまった後衛を救ったり、絶対回避を有効に使うために使ったりとかなり有効なアビリティだと思います。


絶対に低レベル帯での実装を希望。
Lv60とかで実装とかは真面目に勘弁。そんなのじゃ価値がでないですよ。


長い・・・
(次へ)
[PR]
by neko-laina | 2007-11-18 09:45 | Diary
<< アルタナを前に。 アルタナを前に。 その3 >>