アルタナしたりしてたり。

アルタナ始めて、両手武器弱体の怒りがなんぼかタゲからはずれたので
まっふりとしていたマゲィです。

いや、未だに怒ってますけどね。

カンパニエはいいですね。
ソロでふらふらと出かけて遊べるし、いつでもどこかで戦争中。

余りに稼げ過ぎてしまうので抑えられてはしまいましたが
それでも十分面白みがある気がします。




さて、カンパニエに出かけるようになると、自然に

・・・


つかえねー と思ってしまうPCに出くわす事があります。

古墳でマゲィがひっそりとオーク軍団の一匹に魔法を打ち込んでいると

【スリプガ】【はい。お願いします。】

連射してくる謎の物体がいます。
うざいので無視していたら、まだいい続けます。

そう。
周囲を見る限りプガ使えるのは、漏れだけなわけです。


で、うざいなー と思いつつスルーしきれなかった漏れもマヌーなんですが


・・・プガうったらディアガ打ちやがったよ。



深夜のネコならまだしも、HPが尋常じゃない少なさのマゲィが
大量のオーク軍団から逃げれるわけがありません。
当然のごとくポックリと逝くわけです。

もうそのウザイののツラすら見たくなくなったわけで
速攻でHPに戻って別エリアのカンパニエにいったわけですが
そこで旧知の友人ヲヤジに出くわし・・・

彼いわく「少し前に、同じような事で自分もMPKまがいされた」とのこと。
カンパニエに参加していればロストはないものの、いい気はしませんわな。

まぁ、僕の中では「某ビシージ大元帥のマネして、全く役に立たない樽」として心に刻んでおきます。



閑話休題。



先日、友人のヴァナ婚があったので出てきました。

f0075983_8312225.jpg


今まで何度かヴァナ婚に出席していまして、ジュノの時点で想定はしていましたが
・・・・・・やっぱりあの方でした。

前回、その余りにフランクな行動ゆえに、全出席者から歓迎され
二次会まで参加していかれたあの方。

今回も、式終了と同時に本領発揮で、普段はガルカになつかないヲヤジ氏ですら
優雅に遊んでいました。

そしてあの方は・・・




ジュノ上層の民家にカギを開けて入っていってしまいました。

あの方の相変わらずのステキっぷりに乾杯です。
[PR]
by neko-laina | 2007-11-28 08:30 | Diary
<< たこやきたべた。 とりあえず、静観しますが。 >>