トマト・・・ミルクヌー(ry

もう12月ですね。
出かけると、つい何かに気を取られてしまうマゲィです。

師走なのかしわしわなのかもうわかりませんが、さっぱり吉事がありません。
ひとえに皆様のおかげでシベリア流しです。
深い意味はありません。


さて、コンビニによったらふと目に飛び込んできたのが・・・




f0075983_17263221.jpg

彼でした。

豪華に何かを食べたいのに、何故かジャンクな彼はマゲィのハートをガッチリキャッチ。
数分後、マゲィはそれを握り締め小銭を頬リ投げると自宅へダッシュしていました・・・


・・・ちゃんとレジ通したから。


さて。

脳みそのネジがぶっ飛んでいるこの人は、コンビニでみた

「シーフードヌードルを牛乳で作る人が多いから・・・出しちゃいました」

のPOPが頭から離れようとしません。
というか、もう脳内では何かを作ろうとしています。

ミルク・・・
オパーイ
ミルクボーイ


そして

f0075983_1729891.jpg

やっちまいました。

沸騰させた牛乳は、哀れスチロールの容器の中に注がれていきます・・・
モーモーさんもまさか自分の生産物がこんな使われ方をするとは思わないでしょうが
そこはスーパーネジハズレの本領発揮です。

そして3分が経過したわけですが・・・

えー・・・


何ていえばいいのかな。
スメールな香りは特に問題ないんだ、何かチーズ食べた後のような雰囲気だし。

ただ・・・
見た目が・・・

見た感じが・・・




【えーっと・・・】


飲み会で調子に乗ってハイペースでお酒をチャンポンしすぎて、
突然一瞬にして危険信号がこみ上げてきたときの彼が
トイレにダッシュしてシャランラシャランラヴォイスとともに涙を流した夢の後。

























f0075983_17315145.jpg


やぁ、バーボソハウスへようこそ・・・
うん、どうみてもゲロチックなんだ。

本物じゃないからって、調子に乗ったかもしれないけど
モザイクは・・・いらないよね・・・



( ゜Д゜)・・・・

でも・・・
f0075983_1734372.jpg

酸っぱいにおいじゃないから、喰う!



さて、味はというとですね。
別にマズーヘルプミーワンチャンのえさ
とかそういうわけではなかったです。

濃厚な偽イタリアーノな味でした。


ただね
すっげー・・・・・・ボリュームがある。

お湯を全く足さなかったから、凄まじく濃厚なんだ。
・・・牛乳で。

頑張って食べきろうと思ったんだけどね、流石に一口でズシーンとくる重量感じゃどうにもならないので
慌てて半分くらいでお湯を足して食べましたわ。

幸いお湯が入ると、滑らかさが増して一気に食べやすくなりました。
つか、学生時代ならウマー腹タマルーとかいって喜んだ感じの味です。














で。
f0075983_17383824.jpg


ごちそうさま。




うん、ちゃんと食べるよ。
某牛丼屋のガキじゃあるまいし。

[PR]
by neko-laina | 2007-12-02 17:24 | Diary
<< 当てにならない あの評価。 たこやきたべた。 >>